title
Specified nonprofit corporation NANTOKA-NARU

<< お問合せ・各種ご相談はこちら >>

セリエコーポレーションでの11年間の経験、実績、ネットワークを活かしつつ、新たな専門スタッフ増員に伴う、より多くの大人たちの目で見守ることによって「生きなおし」を支え、ゆっくりと人生を歩んでいき、次のステップへ進めるようにサポートを行う。対象者へ多くの選択肢を提供できるように、日本財団「職親プロジェクト」、横須賀市事業「地域の架け橋横須賀ステーション」とも連携し職場体験が出来る企業の拡大をする。法人認可と同時に、横浜保護観察所管轄の自立準備ホームの認定を予定しており、中間支援施設においてスタッフによる就労継続支援等、個々に合った見守り体制を整えつつ、横須賀市と協議を重ね、自立援助ホーム認可への働き掛けも継続する。また、神奈川県内、東京都内近郊で社会的養護が必要なこどもたちを支援している団体、企業、施設等とも連携がとれるように、積極的に新たなつながりを構築し、法務省、厚労省、地方自治体、教育機関、児童相談所、警察等とも現場レベルでの司法と児童福祉の連携が出来る協議会等の設置を目指し取り組んでいきます。

理事長 岡本 昌宏 Mobile. +81-80-1055-2606

セリエコーポレーション社長。平成24年東北少年院を皮切りに、北海道から沖縄まで少年院・刑務所等、計24施設33回職業講話を実施。平成25年より日本財団「職親プロジェクト」に参加。これまで11年間の受け入れ実績を礎に、セリエ中間支援施設を開設。

副理事長 中村 すえこ

少年院出身者らによる、出院後の社会復帰の支えになるためのNPO法人”セカンドチャンス!”創設メンバーとなり、自らも少年院出身者として、講演活動を行なっている。15才でレディース総長になるなど、自らの半生を綴った「紫の青春 恋と喧嘩と特攻服」で平成20年に作家デビュー。

理 事 大内 雅子 (臨床心理士)

平成12年より児童養護施設にて心理療法士として勤務。
その他、公立小中学校スクールカウンセラー、私立高校スクールカウンセラー、東京都子ども家庭支援センタースーパーバイザーなどを歴任。

理 事 滝沢 久美

監 事 井上 宝

< 活動資金援助のお願い >

活動にご協力・ご支援をいただける方は、下記のあて先へメールをお願いいたします。jiritu@nantokanaru.jp

寄付金のあて先

みずほ銀行 横須賀支店(390) 普通口座2068723
岡本昌宏 (オカモトマサヒロ)